BLOG

10月ワルツ1週目 角度を考えよう!の巻

◆参加者
講師:森田飛鷹先生
生徒:男性15名 女性17名

今週のブログ担当、クローバーです。^^
社交ダンスサークルほほえみの例会の様子、お届けします!

↓レッスン風景

 

今週のレッスンポイント

今月の種目はWaltz、1週目ということで、ルーティーンを始める前に、まずは基本的なステップからポイントをチェック。
初級者でも中級者でも基礎はしっかり身につけたいですよね◎

ナチュラルターン

  • 男性は1・2・3の「2」の左足の向きは横ではなく、前/前進の意識。
  • 男性も女性も上半身の回転を利用する。→男女共に「1」で上半身をしっかり絞って(右肩後ろ、左肩前)足を出すところを意識すると良いと思います。(たぶん💦)

リバースターン

  • 左回転の時は足の位置に注意。男性はそのままで良いが、邪魔にならないよう女性は「3」の右足が男性に入り過ぎない/男性の足に近すぎないように気を付ける。→女性は右半身を少しだけあけて置くようなイメージ?!

↑↑↑先生の上半身の絞りをチェック☆彡

◆ルーティーン◆ 新しくなりましたね!

ダブルナチュラルターン 123 & 123
ランニングスピンターン1&23
サイドクロス 12&3
シャッセトゥライト 12&3
アウトサイドチェンジ 123
PP
シャッセ 12&3
ナチュラルターン 123

オーバーターン 123
ターニングロック 1&23
ウィーブフロムpp 123 123
ホバークロス 1&23
オープンナチュラル 123
バックホイスク 123
ウイング 123

今週はここまで進みました!まず一番初めのダブルナチュラルターンから??の方がほとんどでしたね!その他いくつか、先生に教えて頂いたフィガーのポイントを振り返ってみます。

ダブルナチュラルターン

*名前の通り2回ナチュラルターンを連続でするのですが、ポイントは角度!

その角度というのは1回目が1・2・3で終わり2回目に入る「1」の足の上でピボットをして向きを変えることです。男性左足の後退の足、女性は右足の前進の足です。180度までは回転しないと思いますが、後ろ向きだったのが前向きに(男性)、前向きだったのが後ろ向きに(女性)なる感じ?!この向きが上手くいかないと、後続のステップの方向がおかしくなりどんどん迷子になっていきます(笑)。
ピボットってすごく難しいですよね、とても苦手です💦

オーバーターン

  • 男性:「1」の左足後退のピボットが重要→つま先の向きを、次の足の進行方向になるべく向ける。
  • 男性:上半身を大振りに回さない。(女性を振り飛ばさない。)

ウィーブ

  • 男性:女性を回そうとしない。→ppから右足前進「1」、左足で女性の足の間に入る「2」この時に左サイドボディで押して(リードして)女性の方向を変える。
  • 女性:「2」の右足前進を大きめに!!→男性が間に入ってくるので、自分の左足に揃えたり近すぎはNG。

ホバークロス

  • 男性:「1」の左足に体重を乗りきる。(踵まで)
  • 男性&女性:ポジションのチェンジを意識!→「3」でお互いの左腹がつくウィングポジションになる。

❀まとめ❀

①上半身の絞り、②ピボット、③足を床に着く時のつま先の向き、

は、角度をつけたり、方向を変えたい時に、とっても重要!
ステップとステップをスムーズに繋ぐ要素でもあるので、ちょっとずつ意識してみましょう☆彡

と、自分のメモを見ながら色々書いてはみたものの、今更ですが、ちゃんと正しいことをお伝えできたのか、不安が…(・_・;)

という訳なので、是非みなさんサークルに来てご自身でレッスンを受けてください!!(笑)

レッスンの前と後に復習会もありますし、フリータイムもあり、その他にも、盛りだくさんです♪(#^^#)

TOP